読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄道と旅行と日々のことがらの日記

鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。

監督リュック・ベッソン「アンジェラ(ANGEL-A)」って知ってます?

リュック・ベッソン監督の映画「アンジェラ(原題ANGEL-A)」を見ました。

洋画 ANGEL-A (’05仏) 

 

主人公は、この右側の男性「アンドレ」。

パリに暮らすアンドレは、モロッコ生まれ。

商売をして一旗揚げようとしますが、いつも失敗ばかりで、あげくにギャングからも借金をしていて48時間以内に返済しないと消されてしまうという状況に追い込まれています。どうすることもできないと絶望したアンドレは、橋からセーヌ川を見下ろして、死のうと覚悟を決めました。

 

その矢先、アンドレの目の前で、隣に急に現れたブロンドの美女がいきなり川に飛び込んでしまうのです。

突然のことに、アンドレもとっさに後を追って川に飛び込み、無我夢中で彼女を助け出しますが、彼女から思いもよらないことを告げられます。

「自分はアンドレを助けるためにやってきた天使で、アンドレのためなら何でも言うことをきく」というのです。

彼女の名前は「アンジェラ」。上の左側の女性。

この話にアンドレは戸惑って追い払おうとしますが、そんなことに関係なくアンジェラは彼につきまとい、アンドレの借金を全部返済してしまうだけでなく、アンドレ自身の人生をも変えていってしまうというお話です。

 

背が低くて冴えない男と長身でスーパーモデルのような美女という全くアンバランスな組み合わせですね。はたから見たら全くのダメ男をなんでこんな美女が助けに来たんだ?と思わせます。

 

この映画の中でアンジェラの語る言葉は、脚本もつとめたリュック・ベッソンの思いそのものを表していると思います。

「あなたは心が女よ。男じゃないから狩人にはなれない。でも、優しさがある。それに気づいて。」とは、もっと自分自身の内面を見つめて自分の良さを認識し、それを発揮しなさいということ。

「自分の思ったことをはっきり言いなさいよ。」とは、相手から傷つけられることを怖れずに遠慮しないで、自分の思いをつたえなさいということ。

「相手の言いなりとか、おだてに乗っちゃだめよ。」とは、自分の頭でよく考えろということ。

そしてこの映画で一番言いたかったことは、「決してあきらめるな」ということだと思いました。

 

今回の映画では、運が開けるきっかけはひょんなところからやってくることも描いています。ただし、それを自分でつかみ取ることが重要かなと思います。

例えアンジェラがどんなに素晴らしい言葉を話したとしても、アンドレがその言葉に対して聞く耳を持たず、自分を変えようとしなければ、何も変わりません。

この映画を見て「ああ、よかったなぁ!」だけで終わってしまったら、人生は何も変わりませんね。この映画は、人生を変えるきっかけにはなるかもしれませんが、人生を変えていくのは自分自身です。

自分の人生です。自分でつくるものだし、自分でひらくものだし、他人のつくったものをなぞっていては自分のものにはならないなと考えます。

 

 

この映画はモノクロの映画です。

前半は、アンドレの心象を表していると思います。

なんとか言い逃れをして借金の支払いを先延ばしにしようとするアンドレに対し、冷酷に返済を迫るギャングたち。アンドレにしてみれば、お先真っ暗で夢も希望もない状況ですね。

 

後半は、アンドレの変化していく様子を、それぞれこの映画を見る人の思う感覚で色付けして見てほしいという、監督の意図を感じます。

人それぞれ、生き方も感じ方も環境も違うのでたぶんこの映画の見え方も違うと思います。たぶん、後半になってきてアンドレの状況がよくなってくるにつれて、映画を色付けして見ていくのではではないかと思います。

 

また、モノクロにしたおかげで、映像の色から感じ取るさまざまなノイズをそぎ落とすことができ、より深くこの映画について考えることができるのではないのかなとも思います。

さらに美しい映像がキワだっていました。

 

まずは、アンジェラ。

リー・ラスムッセンという女優が演じました。

デンマークコペンハーゲンの出身です。15歳の時にニューヨークでスカウトされてモデル界に入り、ヴィクトリアズ・シークレットやグッチなどのショーで活躍した本物のスーパーモデルです。美しいですが、コミカルなところもあって親しみやすい女性です。

次に、

アンドレがセーヌ川から身を投げようとした「アレクサンドル3世橋」。

橋の欄干の美しい彫刻が素晴らしかったです。

また、

同じくセーヌ川沿いにある「ノートルダム大聖堂」。

歴史の深さを感じさせ厳粛な思いになります。

また、

パリの美しい街並みを見渡せる「エッフェル塔」。

エッフェル塔自体も優雅で美しい形をしていますが、そこから見えるパリの街並みが素晴らしいなと思いました。

 

この映画の中では、アンドレがどのように成長してハッピーエンドに向かうのかどうかまでは描かれていません。

それは、この映画を見た人たち自身で考えてほしいと思う、監督の思いなのかもしれませんね。

 

この映画には、いろんなものがたくさん詰められています。

自分でそのいろんなものを発見していくのも面白いかなと思います。

f:id:freshverdure:20170427130735j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら、

ここを↓ぽちっとしてくださいね。

 にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村