読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄道と旅行と日々のことがらの日記

鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。

京都の晩秋・鞍馬寺・貴船神社への旅(5)

前回は、鞍馬山中を歩いて鞍馬寺奥の院を通り西門までのところまで書きました。

今回は貴船神社界隈を散策したことについて書いています。

f:id:freshverdure:20170424112551j:plain

貴船神社は水の神様を祀っています。貴船川の川の流れに沿ってひらけた山あいに、本宮・結社・奥宮の順で社殿が並んでいます。

貴船神社の説明によると、貴船の名は、古くは「気生嶺」「気生根」とも書かれていたそうです。大地のエネルギー「気が生ずる山」「気が生ずる根源」を意味しているそうです。

 f:id:freshverdure:20170424112027j:plain

上の地図は貴船神社のホームページからの使用です。ありがとうございます。

 くわしくはこちら→ 貴布禰総本宮 貴船神社 | 境内のご案内

 

貴船神社は創建されたのが平安以前です。とても歴史が古いですね。

地図で確認してみると、貴船川は鴨川の源流の一つです。京都を流れる鴨川は上流で鞍馬川と合流していて、さらに鞍馬川の上流で貴船川と合流しています。

f:id:freshverdure:20170425211219j:plain

上の地図は貴船神社のホームページからの使用です。ありがとうございます。

くわしくはこちら→貴布禰総本宮 貴船神社 | 交通アクセス

 

 そんなことから、貴船神社が都の水源を守る神様として朝廷から厚く信仰され、雨乞いや雨やみの儀式が何度も行われたんだそうです。

 

貴船神社 本宮の表参道

本宮の表参道に沿って並んでいるのは春日灯籠といいます。美しいですね。表参道石段は全部で87段もあります。

この階段は結構しんどいです!

f:id:freshverdure:20170424191428j:plain

階段の先にある門をくぐると本宮です。

f:id:freshverdure:20170425210559j:plain

本宮の御神木(桂)

f:id:freshverdure:20170424191451j:plain

大きてりっぱな桂の木です。樹齢が約400年で高さが30メートルもあります。

根もとからいくつもの枝が天に向かって伸び、上の方で大きく八方に広がっています。この様子が、龍が大地から勢いよく立ち昇っていく姿に似ているということで、ご神木として崇められています。

 

絵馬発祥の社の碑

もともとは生きた馬をこの社に奉納して祈願していたそうですが、平安時代になると、生きた馬の代わりに「板立馬」といって馬の絵を描いたものを奉納するようになったそうです。ですから、ここが「絵馬」の発祥の地なんだそうです。

f:id:freshverdure:20170424191455j:plain

相生の杉(ご神木)

f:id:freshverdure:20170424191530j:plain

この説明版の通りです。どんな木なのかというと・・・

f:id:freshverdure:20170424191537j:plain

 太い杉の木の根もとが一緒になって2本とも高く伸びています。

 

結社(ゆいのやしろ)

縁結びの社です。この社も参拝したのですが、写真がなく、記憶にもありません。

したがって、今回はGooglemapから画像をお借りしてきました。

 

 

奥宮の参道

この道をまっすぐに進むと奥宮があります。

左側にある大きな石は「つつみケ岩」というそうです。

f:id:freshverdure:20170424191543j:plain

奥宮(神門)

ここが奥宮の入口です。

f:id:freshverdure:20170424191547j:plain

連理の杉

神門を入ってすぐ左側にある樹木です。

f:id:freshverdure:20170424191610j:plain

連理とは、別々の木が重なって一つになるという意味で、夫婦、男女が相睦まじいという意味なんだそうです。杉の楓の木がひとつになっているんですよ。

 

奥宮の拝殿

f:id:freshverdure:20170424191553j:plain

この場所がもともとの貴船神社の創建の地です。記録によると、1046年に洪水でここにあった社殿が流されたために、1055年に現在の本宮の場所に社殿が造営されることになり、元の場所は霊地・奥宮として残されました。

 

貴船神社・夜のライトアップ

f:id:freshverdure:20170424191732j:plain

貴船神社では、紅葉時期にはライトアップをしています。

こちらは表参道です。

f:id:freshverdure:20170424191739j:plain

こちらは北参道です。本宮から北参道を見下ろした様子です。

f:id:freshverdure:20170424191750j:plain

北参道の階段を下りて、本宮を見上げた様子です。

f:id:freshverdure:20170424191759j:plain

日暮れが近づいてきました。

雨に濡れて、明かりにぼんやりと照らされた参道が、しっとりと落ち着いた雰囲気をかもし出しています。

 

貴船の町の様子

ここで、ちょっと時間はさかのぼります。

貴船川の流れに沿って多くの茶屋が並んでいます。

f:id:freshverdure:20170424192022j:plain

私の行った晩秋にはもうありませんでしたが、5月から9月までは、貴船川の上に板を渡して川床とし、その上で涼みながら食事をとることができるそうです。

f:id:freshverdure:20170424192034j:plain

このような感じですね。

f:id:freshverdure:20170425223108j:plain

この写真は貴船茶屋のパンフレットを利用しました。

 

また道沿いには、おしゃれなカフェもありました。

f:id:freshverdure:20170424192052j:plain

 

貴船コスメティックス&ギャラリー

f:id:freshverdure:20170424192101j:plain

ここは、コスメティクスやパワーストーンなどを販売するショップのほかに、「カフェ」もあって、可愛らしい置き物と外を眺めながらひとやすみができます。

f:id:freshverdure:20170424192107j:plain

オシャレなお店でした。

貴船 右源太 | 貴船コスメティックス&ギャラリー kifune cosmetics & gallery

 

雨が降っていたのもありますが、貴船川は細い川でも水量がありました。

f:id:freshverdure:20170425235230j:plain

 

貴船そば

鳥居茶屋で食べたそば

キレイな器にそばが入っています。

f:id:freshverdure:20170424192141j:plain

f:id:freshverdure:20170424192148j:plain

鳥居茶屋HP↓

京都、洛北は貴船。貴船神社の袂にあるお食事処鳥居茶屋。夏は川床料理、その他は京料理をお楽しみいただけます

 

ぼたん鍋

先程紹介した、貴船茶屋でぼたん鍋を食べてきました。

貴船茶屋の建物はそれほど新しくはありませんが、手入れが行き届いていて大変落ち着く場所です。

f:id:freshverdure:20170424192154j:plain

このぼたん鍋を一人で食べてきました。ミニぼたん鍋とメニューには書かれていましたから量は少なめだったようですが、最初出てきたときは、私にとってはちょっと量が多いかなと思いました。しかし、お腹がすいていたんですね。全部きれいに完食しちゃいました。みそ仕立てのだしで、たっぷりの野菜と、味のある”いのしし肉”が最高のとてもおいしい鍋でした。(ごちそうさま!)

kibunejaya.jp

 

貴船温泉 水源の森 天山の湯

貴船神社から貴船口駅までの途中にある日帰り温泉です。

f:id:freshverdure:20170424192245j:plain

鞍馬寺から貴船神社までまる一日歩き続けました。脚がだるくて、かなり疲れてきました。ここで温泉に入って、今日の一日の疲れを取り、リフレッシュしましょう。

f:id:freshverdure:20170424192303j:plain

温泉の建物の2階からは、貴船川の流れを見渡せるバルコニーがあります。

川がライトアップされていて美しいです。ちょうど水が流れ落ちるポイントがあり、水の音が心地よく響きました。

お風呂上り、ちょっとほてった身体を冷ますのにちょうどいい場所ですね。

f:id:freshverdure:20170424192252j:plain

ぼちぼち最後となる紅葉も赤くきれいに輝いていました。

f:id:freshverdure:20170424192257j:plain

www.kibune-tenzan.jp

夜の貴船口駅

先程の日帰り温泉を利用すると貴船口駅まで無料送迎してくれます。

おかげで駅まで、楽に行くことができました。

f:id:freshverdure:20170424192311j:plain

駅も紅葉のライトアップをしています。

出町柳駅行きの電車がやってきました。

f:id:freshverdure:20170424192316j:plain

この日は本当に一日中朝から夜まで雨でした。

雨に濡れて大変な思いもしましたが、楽しい経験もしてこれました。

雨が降っていたために人が少なくて、そのおかげで大地のエネルギーの「気」をたくさん感じてこれたと思います。

また、写真を見て思うのですが、雨に濡れた風景は美しいなあと感じました。晴れてなくてもいいじゃないか!と改めて気づいたことはとてもよかったと思いました。

 

 

今回で、京都の晩秋・鞍馬寺貴船神社への旅の記事はおしまいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら、

ここを↓ぽちっとしてくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村