鉄道と旅行と日々のことがらの日記

鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。

京都の晩秋・鞍馬寺・貴船神社への旅(3)

 

京都の晩秋・鞍馬寺貴船神社への旅の今回は第3回目です。

f:id:freshverdure:20170416072001j:plain

 前回は、鞍馬寺の参道の途中(22)貞明皇后行啓・御休息蹟で、休憩したところまで書きました。 f:id:freshverdure:20170414010312j:plain

 今回は

(24)転法輪堂

(26)本殿金堂

までのところを書いています。

 

休憩をしたので、少し身体が楽になりました。再び鞍馬寺の本殿に向けて歩き始めました。

f:id:freshverdure:20170416072051j:plain

坂道と階段は延々と続いています。

f:id:freshverdure:20170416072106j:plain

天狗がいるかもしれないと思わせる風景ですね。

参道で撮影した写真は、人気のない静けさや、鞍馬山の神聖さを感じる写真に仕上がってとてもよかったなあと思います。

f:id:freshverdure:20170416072136j:plain

これらの風景は雨の時だけの特別なものですね。こういう写真を後から見てみると、「雨の日だっていいじゃないか」と考えさせられます。

f:id:freshverdure:20170416072212j:plain

右手に、転法輪堂が見えてきました。右にある屋根は、転法輪堂入口にある門です。

f:id:freshverdure:20170416072001j:plain

苔むした緑の屋根の上には紅色の葉が落ちていて、緑と紅の色の対比が美しかったです。

f:id:freshverdure:20170416072223j:plain

階段の途中から、転法輪堂を見下ろしている写真です。

ここまで来ると本殿金堂まで、あともう少しです。

f:id:freshverdure:20170416080838j:plain

本殿まで登る階段は2つあります。こちらの階段は急なため通行できませんでした。

もう一つの階段の方は新しくて大きく、普段はこの新しい階段を登っていきます。

(その写真は撮り忘れました。m(__)m)

f:id:freshverdure:20170416072235j:plain

いよいよ本殿に到着です。

770年に奈良・唐招提寺の僧が毘沙門天を祀ったことが始まりで、後に桓武天皇平安京の北方守護のための寺院として伽藍を整備させ、朝廷や武家の信仰を集めました。本尊は尊天(護法魔王尊、毘沙門天、千手観音)が祀られています。

そして、尊天(そんてん)とは、「宇宙生命・宇宙エネルギー」であり、月輪の精霊・千手観世音菩薩(=愛)、太陽の精霊・毘沙門天王(=光)、大地の霊王・護法魔王尊(=力)の三身を一体として「尊天」と称されます。

f:id:freshverdure:20170416072426j:plain

本殿の前には、人と宇宙の一体化を表す金剛床があります。

金剛床の中央には、六芒星という石が置かれていて、これがパワースポットなんだそうです。

f:id:freshverdure:20170416072245j:plain

翔雲䑓(しょううんだい)

f:id:freshverdure:20170416072252j:plain

本殿金堂の正面、山を見下ろす場所にあります。本尊が南にある都を見守るという見晴らし台なんだそうです。この石は本殿の裏から出土したものだそうで、平安時代の経巻を埋めた経塚の蓋の石だったそうです。

 

奥の院の入口

f:id:freshverdure:20170416072303j:plain

この階段を登っていくと、鞍馬寺奥の院です。

そして、この道が貴船神社までつながっています。

f:id:freshverdure:20170416072311j:plain

ここから先、本当に厳しい山道を通ることになるのですが、私はまだそのことを知りませんでした・・・。

 

今回はここまで。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら、

ここを↓ぽちっとしてくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村