鉄道と旅行と日々のことがらの日記

鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。

新千歳空港で迷子になるには・・・!?(北海道旅行してきたよ)

私の北海道旅行も最終日になりました。

新千歳空港から仙台に向かう飛行機に乗ります。

 

f:id:freshverdure:20170318021838j:plain

初めて、新千歳空港にやって来ましたが、とても大きな空港ですね。

また空港内にはたくさんの人がいて、にぎやかです。

 新千歳空港のフロアについて

f:id:freshverdure:20170318021848j:plain

建物は

・地下1階 鉄道ホーム

・1階 到着ロビー

・2階 出発ロビー ショッピングフロア

・3階 グルメフロア

・4階 映画館 温浴施設

4階の映画館と温浴施設はスゴイですね。出発までの待ち時間を飽きずに快適に過ごすために、ここまで設備が充実しています。

 

地下1階 鉄道ホーム

f:id:freshverdure:20170318021904j:plain

新千歳空港の外観

この写真は、新千歳空港の紹介案内コーナーで撮影しました。

f:id:freshverdure:20170318021855j:plain

日本で初めて24時間飛行機の離着陸が可能な空港として1988年(昭和63年)に開港しました。同時にこれだけの数の飛行機を駐機ができるのはすごいことですね。

したがって、建物がデカくなり、空港内ではかなりの距離を歩かされます。

私的には歩くのは楽しいことなので構いませんが、足腰の悪い方にはちょっとキツイかもしれません。

 

f:id:freshverdure:20170318021912j:plain

 新千歳空港の滑走路は長さ3000 mのものが2本、ほぼ南北方向に並行して設置されていて、原則としてターミナルビルに近いA滑走路が離陸用に、遠いB滑走路が着陸用で使われています。ですから、飛行機が離陸していく様子を、ターミナルビルの特に2階の出発ロビーの窓越しからは、じっくり見ることができます。

飛行機の離着陸をたくさん撮影することができました。

ちなみに、展望デッキからも飛行機の離発着を見ることができるのですが、冬季期間中は寒さのために閉鎖されています。(残念!)

 

f:id:freshverdure:20170318021936j:plain

f:id:freshverdure:20170318021949j:plain

キャセイパシフィック(ボーイング777

f:id:freshverdure:20170326003326j:plain

中国春秋航空エアバスA320

f:id:freshverdure:20170318022020j:plain

ANAウィングスボンバルディアDHC-8-Q)

f:id:freshverdure:20170318022033j:plain

ANA(ボーイング777

f:id:freshverdure:20170318022042j:plain

大韓航空ボーイング777-300ER)

f:id:freshverdure:20170318022142j:plain

JAL(ボーイング777

f:id:freshverdure:20170318022126j:plain

エアドゥ(ボーイング737-700)

f:id:freshverdure:20170318022047j:plain

スカーマーク(ボーイング737-800)

f:id:freshverdure:20170318022101j:plain

ANAウィングスボーイング737-500)

f:id:freshverdure:20170318022133j:plain

JAL(ボーイング737-800)

f:id:freshverdure:20170326020437j:plain

 

ボーイング747

そんななかで、この飛行機がやはり存在感が大きいですね。

左右の翼にエンジンが2つずつ、合計4つのエンジンがあり、

飛行機の大きさもほかのものと比べて一回り以上大きいです。

これから離陸のために滑走路へ向かうところです。(ボーイング747-400)

f:id:freshverdure:20170325233439j:plain

 これだけの大きな飛行機が、軽々と飛び上がったかと思うと

f:id:freshverdure:20170318022149j:plain

f:id:freshverdure:20170318022154j:plain

あっという間に飛び去っていきました。

f:id:freshverdure:20170318022200j:plain

かっこいいですね~♡

 

 

 

飛行機の飛び立つ様子を見終わったら

急に現実に引き戻されました。

 

新千歳空港は広ーい!!

ここはどこ?私はだれ?状態です。

 

え?今、空港のどのあたりにいる?

 

お土産売り場もたくさんあって、いろんな種類のお土産が所狭しと並んでいます。

 

一番困ったのが、

「あのお店で売ってたやつ、あとで買おう」と思ってた店を

後から探すのですが、

お店がたくさんあるのと、

広くて迷路みたいになってるので

絶対に見つからないのです。

何度歩いてもそのお店に行くことができないのです。

 

本当に、いい年をして迷子になりました。

 

「はあー」

結局あきらめました。

 

でも、そのかわりに別のお土産をゲットしました!!

 

 

 

さて、そろそろ仙台行の飛行機の搭乗手続きが始まります。

まだ飛行機を見ていたいのですが、時間がきてしまいました。

保安検査場を通って搭乗口に向かいましょう。

f:id:freshverdure:20170318022229j:plain

仙台行は2番搭乗口で、17時35分発です。

ANAで申し込みをしましたが、ANAと共同運航の「AIR DO」で仙台に向かうことになりました。

f:id:freshverdure:20170318022233j:plain

搭乗するのは、ボーイング737、コンパクトな機体です。

f:id:freshverdure:20170318022237j:plain

機内の窓から外を見た風景。すでに日が落ちて月が昇っていました。

飛行機の翼の先にあるウイングレットにはシロクマのマークが描かれています。

 

仙台までの所要時間が1時間10分。あっという間に仙台に到着しました。

仙台空港を出たときには寒さを感じましたが、あの北海道の寒さと比べたら大したことないなと思いました。乗っていた機体はこちらです。

f:id:freshverdure:20170318022243j:plain

仙台空港の展望デッキで撮影しました。

展望デッキはこのように美しくライトアップされています。

f:id:freshverdure:20170326011603j:plain

f:id:freshverdure:20170326011615j:plain

f:id:freshverdure:20170326011714j:plain

f:id:freshverdure:20170326011830j:plain

他にもANAの機体が、燃料補給中でした。

 

北海道旅行の記事はこれで終わりとなります。

とても長くて読みにくかったでしょうが、ここまでついてきてくださってありがとうございました。

引き続き旅行は続けていきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら、

ここを↓ぽちっとしてくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村