読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄道と旅行と日々のことがらの日記

鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。

旭川冬まつり(北海道旅行記)

北海道 旅行 旭川

北海道は、札幌だけが「雪まつり」をしているイメージがありますが、

実は旭川市でも「旭川冬まつり」というイベントを行っているんです。

f:id:freshverdure:20170313225117j:plain

 今回は、「さっぽろ雪まつり」のあとに旅行した、旭川市でのことについて書いています。

 さて、旭川市は北海道のどの辺りにあるかご存知でしょうか?

 

札幌市の北東部、北海道の真ん中にある街です。

旭川は冬とても寒い地域です。

公式記録に残っている、日本で一番寒い気温(日本の最低気温)は、

気象庁|歴代全国ランキングによると

1902年1月25日に北海道旭川地方気象台で観測された

 ー41.0度!なんですね!!

 (美瑛の観光タクシーの運転手さんから仕入れた情報です)

100年以上前のデータなので今の機器と比較して多少誤差はあったと思いますが、

この寒さは尋常ではありませんね。

 

 

さて、話は「旭川冬まつり」へ

 

このイベントは、

旭川市内を流れる、石狩川の川沿いの「旭橋河畔会場」と「平和通買物公園広場」の2会場で行われました。期間は2月7日~12日。ちょうど「さっぽろ雪まつり」と同じ期間です。アクセス(旭川冬まつり) | 旭川市

 

旭橋河畔会場

これが、旭川市内を流れる「石狩川」に架かる「旭橋」。

この橋のたもとに広がるひろい公園が会場となっています。

f:id:freshverdure:20170313225155j:plain

 

ここで一番大きい雪像。この写真の右側が大きな雪の滑り台となっています。

f:id:freshverdure:20170313225133j:plain

 名前が「ぶんぶんスライダー」(笑)

f:id:freshverdure:20170313225143j:plain

 ここを滑り落ちていきます。傾斜はそれほど急ではありませんが、

低い姿勢でここを滑り降りて行ったら、体感ではとても早く感じますね。

 

 そして、「さっぽろ雪まつり」同様に、旭川市内の市民たちによって作られた雪像がたくさんならんでいました。

f:id:freshverdure:20170313230233j:plain

f:id:freshverdure:20170313225147j:plain

 

高所作業車の試乗体験

f:id:freshverdure:20170313225201j:plain

高所作業車が展示してあります。試乗してきました。

建機・重機のレンタルの「カナモト」という企業がこの車を展示していました。

f:id:freshverdure:20170314125429j:plain

最初はこのようになってますが、ゴンドラはほぼ直角に上がっていきます。

高くなるにつれて、見える景色も変わってきます。

f:id:freshverdure:20170314125636j:plain

これが一番高い状態↓↓

最高で10メートル!の高さまで昇れるそうです。

f:id:freshverdure:20170313225205j:plain

ゴンドラはグルグルと回転させることができます。

こんな高いところを、グルグル回ったものですから、私も目がグルグル回りました。

 

もうひとつ、企業の展示。

ぴちょんくんカー」

かわいらしいですね。ちゃんと公道を走れる車です。

わざわざ、大阪からやって来たそうです!!

f:id:freshverdure:20170314130134j:plain

「ぴちょんくん」とは「ダイキン」という企業のイメージキャラクターです。

あまりの寒さに、真っ白に霜がおりています。本当に寒いんですよ~~。

f:id:freshverdure:20170314130131j:plain

この車のもとは、トヨタのiQ。

よくぞこのように改造したなぁと感心します。元の車がなんだか全くわかりませんね。

 

うしろから見るとやっと分かるのですが、写真を撮り忘れました(汗)。

ちなみに、

この車が発表された時の記事には写真がたくさん載ってます↓↓

ダイキン、トヨタ「iQ」ベースの「ぴちょんくん号」をお披露目 - Car Watch

 

 

無料シャトルバス 

旭川冬まつりの旭橋河畔会場には、旭川駅から無料シャトルバスが出ていました。

f:id:freshverdure:20170313225217j:plain

駅から、10分ぐらいで会場に到着します。30分間隔の運行です。

駅からこの会場まで歩くのはちょっとキツイです。このバスを利用するのが一番便利ですね。

f:id:freshverdure:20170313225220j:plain

 

平和通買物公園広場」

こちらは、夜見るのが最高です。

旭川駅から続く平和通買物公園広場にたくさんの氷像が展示されています。

f:id:freshverdure:20170313225246j:plain

夜はライトアップされるので、氷像がより美しく輝いていました。

f:id:freshverdure:20170313225541j:plain

 

f:id:freshverdure:20170313225249j:plain

 

f:id:freshverdure:20170313225253j:plain

 

f:id:freshverdure:20170313225256j:plain

 

f:id:freshverdure:20170313225304j:plain

 

 

f:id:freshverdure:20170313225322j:plain

 このモニュメントがあるところまで、ほぼ1kmもの長さがある長い公園内です。

この写真以外にも、たくさんの氷像が展示されていました。

f:id:freshverdure:20170313225622j:plain

たくさん氷像があって、全部はとても載せきれません。

なので、よく撮れたものだけ載せてみました。

 

この氷像を「モノクロ」で撮影したところ、

こんな感じに仕上がったので、私自身も驚いています。 

色を抜いたら、被写体が逆に中央から浮かびあがってきて、幻想的な雰囲気を醸し出しています。f:id:freshverdure:20170313225328j:plain

このタンチョウの写真が今回のベストショットです。

f:id:freshverdure:20170313225332j:plain

本当にたまたまなのですが、こういう偶然に巡り合えたことに感謝です。

 

 

今回は、「旭川冬まつり」について書きました。

f:id:freshverdure:20170314151438j:plain

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら、

ここを↓ぽちっとしてくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村