鉄道と旅行と日々のことがらの日記

鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。

雪あかりの動物園(北海道旅行記)

前回に引き続き、旭山動物園について書いています。

雪あかりの動物園

f:id:freshverdure:20170307022412j:plain

 私が旭川に行ったときは偶然にも

旭山動物園では2月7日から12日まで「雪あかりの動物園」というイベントが行われてました。

通常、冬の期間は午後3時30分までの開園時間なのですが、

旭川市内で行われる「旭川冬まつり」に合わせて

午後8時30分まで延長して開園しているのです。

普通だったら夜の動物園を見ることはできません。夜の雰囲気を味わえる、滅多にないチャンスです。

 

(旭川冬まつりについては、後日のブログで紹介しますね)

 

ちょうど午後7時ぐらいの気温です!!寒いっ!!f:id:freshverdure:20170307022422j:plain

マイナス6.7度です!!

夜空には雲ひとつありません。月が昇っていて、明るく動物園をてらしています。

 

入場口をくぐり抜け園内の坂道を登っていくと、

このようなアイスキャンドルが階段に沿って置いてあり道を照らしていました。

美しい眺めです。

f:id:freshverdure:20170307022427j:plain

どこかでみたような形ですね。

さて、このアイスキャンドルはどのように作られたのでしょうか?

f:id:freshverdure:20170307141016j:plain

 答えは、バケツです。

バケツに水をはって凍らせ、水が全部凍りつく前に、バケツから氷をはずし真ん中の水を抜くと出来上がりです。

これって、やっぱり旭川のような寒いところじゃないとできないですね。

普通なら、バケツの表面に薄い氷しかできませんから。

 

ペンギン館

夜のペンギン館にやって来ました。

外にはペンギンが2羽だけじっと動かないで立っています。

f:id:freshverdure:20170307022438j:plain

 寒いんでしょうね。身体を縮こませています。

そして、よく見るとペンギンたちは目を閉じて寝てます!!

f:id:freshverdure:20170307022442j:plain

 ペンギン館の中です。ここをペンギンたちが泳ぎ回るのですが、一羽もいません。

ペンギンたちはどこにいったのでしょうね。

 

 

あっ、いました。

f:id:freshverdure:20170307022447j:plain

 みんな同じ方向を向いていますね。とっても可笑しいです。

全然動かないんだけど、どうして?

f:id:freshverdure:20170307022451j:plain

 もっと近づいてみてようやくわかりました。

ペンギンたちは目を閉じて寝ているんです。

ペンギンたちはごく自然にこのような姿勢で寝ているのでしょうが、こちら側からみている私としては、ちょっと愉快で可愛らしいです。

フンボルトペンギン

f:id:freshverdure:20170307022456j:plain

 奥にはフンボルトペンギンがいました。

昼間、外にいませんでしたね。たぶん寒いのでここにずっといるのでしょう。

 

氷像

外に出ると、フクロウの氷像がありました。

f:id:freshverdure:20170307022501j:plain

まるでクリスタルガラスのように美しく輝いていて素敵ですね。

とても寒いので溶けることもなく、輝きを増しているように感じました。

f:id:freshverdure:20170307022504j:plain

 同じく、ウサギの氷像もありました。

 

ほっきょくぐま館

ほっきょくぐま館に入ってみました。

ガラス越しにホッキョクグマが活発に動き回る様子を見ることができます。

f:id:freshverdure:20170307022511j:plain

 クマは本当に活発に外を動き回っていました。

f:id:freshverdure:20170307022518j:plain

 ホッキョクグマの毛皮がライトにあたって白く輝く様子がキレイです。

そして、毛皮がふかふかしているのがよくわかります。

f:id:freshverdure:20170307022521j:plain

 本当なら大きくて怖い生き物なのですが、こうやって動きを見ていると可愛いです。

もしかしてライトがついているから眠れないのかな?

 

満月に近づいている月が、園内を明るくてらしています。

雲ひとつありません。カメラを三脚に固定して夜空を撮影したら、こんな写真が撮れました。

月とシラカバの木と夜空に光る星が写りました。

左側のシラカバの枝の先に「オリオン座」の上の方だけが見えるのですが、

わかるでしょうか?

f:id:freshverdure:20170307022526j:plain

この写真、 月の光が強すぎて、太陽みたいになってしまいました。残念!

 

オリオン座だけ別に撮ったら偶然にもうまく写りました。

f:id:freshverdure:20170307171426j:plain

月の明りが強すぎたため、よく見えないかな?

 

夜、雪の中の園内は、昼間とは違い人気も少なく静かです。

この薄暗さに私はとても魅かれます。心が落ち着きます。

f:id:freshverdure:20170307022533j:plain

 

すこし離れたところで「オオカミ」たちが遠吠えを始めました。

真っ暗なオリのなかで「ウォーン、ウォーン」と一匹が吠え出すと、次々にオオカミたちが頭を上にして吠え始めます。

オオカミたちの遠吠えが静かな園内に響き渡ります。

短調のハーモーニーです。

そのオオカミたちのハーモニーが私の心には寂しげなものに感じました。

 

うーん。

一人旅は自由で好き勝手ができるから楽しいのだけど、

私と一緒にこの価値観を共有してくれるパートナーとか友達がいればもっと楽しいのになぁ( -.-) =зフウー

 

だいぶ冷え込んできました。

ここで、正門近くにある「いこいの広場」に向かい、

赤々とともるストーブの傍に座って身体を温めました。

この中では雪あかりの動物園のイベントとして

甘酒やポタージュスープが無料で配られていました。

 

そして、ここでは「キーパーズカフェ」というイベントを行っていて、

飼育スタッフがプロジェクターを使って、楽しく動物の解説をしていました。

流氷の話とか、流氷に乗ってやってくるアザラシの話とか、冬の動物たちの暮らしぶりとかの話でした。

楽しく温まりながら飼育スタッフの話を聞いてきました。

 

さあ、午後8時を過ぎました。

動物園の閉園時間が近づいてきました。

f:id:freshverdure:20170307170032j:plain

 これから旭川駅に向かいましょう。

 

今回はここまでです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら、

ここを↓ぽちっとしてくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村