読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄道と旅行と日々のことがらの日記

鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。

映画「手紙は憶えている」は最後まで・・・

手紙は憶えているという映画を見てきました。

手紙は憶えている

 

 このポスターに写っているのが今回の主人公。

 名前をゼヴ・グットマンと言い、年齢は90歳。彼は老人介護施設に入所しているが、彼は認知症になり最愛の妻がなくなったことさえも忘れてしまうような状況にいる。目が覚めるとそれまでの記憶を失い、前後関係が分からなくなっていつも混乱しているのだ。

 

 ある日、同じ施設に暮らすマックスから一通の手紙を渡される。

 そして、マックスからは次のように告げられた。

「君は妻が亡くなったら、私と誓った約束を果たすと言った。約束を果たしてほしい。君が忘れても大丈夫なように全てを手紙に書いた。」

 二人はアウシュヴィッツの生存者。70年前に大切な家族をナチス兵士に殺害された過去を持っている。マックスの手紙によると、そのナチス兵士はユダヤ人「ルディ・コランダー」に名を変え、身分を偽っていまだに生きているらしい。

 二人の約束とは、このナチス兵士を探し出し復讐するということだ。

 すでに容疑者は4人に絞られていた。身体の自由がきかないマックスに代わり、ゼヴが一人で復讐の旅に出かけることになる。これが主人公ゼヴの運命の歯車を大きく動かすことになった。

 //----------

 ・・・というのが、この映画の導入部分です。

 今回はサスペンス+ミステリーという内容なので、見ていない人のためにも、これ以上は映画のストーリーについては書きません。 m(__)m

 

 

 今回の映画の見どころは、

主演のクリストファー・プラマーの演技が素晴らしいということです。足取りがおぼつかなくて頼りなさそうな様子、うとうと眠ってしまい目が覚めると、前後関係を全く忘れて自分がどこにいるかも分からなくなってしまい、亡くなった妻の名前を呼んで探す様子、状況が分からなくなった混乱しているときにマックスの手紙を見つけ、それを必死に読み返しては一歩一歩目当ての「ルディ・コランダー」を探す旅になんとか戻っていく様子、また認知症によくある状態として、日常の体調の良い状況では、認知症のそぶりなど全くなく何の問題のない紳士的な老人である様子など、本当にこれが演技なのかと感心してしまいます。

 観ている方としては、よくありがちな現実を目の前に突きつけられ、さらには主人公の行動には本当にハラハラさせられます。

 

 

 クリストファー・プラマーといえば

 映画「サウンド・オブ・ミュージック」において、「フォン・トラップ大佐」役を演じています。映画のなかで、ジュリー・アンドリュースが演ずる「マリー」と恋に落ち結婚しますが、最後にはナチスを嫌いオーストリアの海軍大佐という身分を捨てて、マリーや子ども達と共にオーストリアから亡命するという役柄を演じていました。

 

 ↓ ↓ このダンディな俳優が、クリストファー・プラマーです。

f:id:freshverdure:20170223185938j:plain

(写真はウィキペディアより)

 今から50年以上前の「サウンド・オブ・ミュージック」の時と「手紙は憶えている」との写真と比較すると、人間の容貌がこんなに変化するのか!と本当にびっくりします。

私自身の希望としては老後もかっこよくありたいですね。

手紙は憶えている[クリストファー・プラマー]

 

 

この映画は話の展開がとてもうまいです。

主人公ゼヴが旅をつづけながら起こしていく出来事を観ていくうちに、観ている方は、少しずつ謎や疑問が湧いてくるのです。それらは映画の最終局面で、まるでオセロの盤面の色がすべてきれいにひっくり返ってしまうように、全貌が明らかになるという構成になっているのですが(あれっ、すこしネタバレしたかな?)、このあたりの話の展開が実にすばらしいと感じました。

 

 

原題は「remember」

といいます。

 この原題名は広くこの映画の全体を表現していて、私個人としてはこちらの方がよかったのになぁと思ってます。 全部を観終わると理解できますよ。

 

 

 ただ、

この映画をみて気がかりに思ったのが、すでに70年も過ぎてしまったことなのに、いまだに復讐の念を持ち続けているというところです。現実においても、いまだにアウシュビッツナチス関係者を探し出して裁判が行われているそうです。

 ナチスのした行為は全く人道に反し、絶対に許されないことです。

 しかし、日本人的思想では、もう昔のことは水に流して…となるところなのです。

 白黒はっきりつけるという西洋人の考えからなのでしょう。また、再びナチスのような考え方や組織が産まれないようにという考えからなのでしょう。

 

 

 人間は、

死の目前に人生が走馬灯のように駆け巡ると言われているようです。つまり、亡くなるときに過去にさかのぼって昔を思い返すのだそうで、そのなかで自分が過去に起こした過ちを再び体験して激しく苦しむそうです。

とにかく、日々の生活を明るく正しく生きたいですね。亡くなる寸前にそんな恐ろしい思いをしたくありませんから・・・

 

 

この映画は、

ナチス問題(いまだにこの過去の歴史をずっと引きずっている)、老人問題(老人の生活や病気・認知症)、自分自身はどのように生きていきたいのか?などいろいろ考えさせられた映画でした。

 

 

 

すでに映画館での上映は終わっています。DVDがまもなく発売されるようです。

[手紙は憶えている・主演クリストファー・プラマー] 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら、

ここを↓ぽちっとしてくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村