鉄道と旅行と日々のことがらの日記

鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。

無洗米を知ってますよね。まだ買ったことない人は・・・?

これまで未経験だった「無洗米」を買ってみました。

近くのイオンエクスプレスの店頭にあったので試してみたくなりました。

2kgで¥918円です。

一人暮らしなので、

少量であること、持ち帰るにはちょうどよい重さであることが購入した理由です。

f:id:freshverdure:20170120100336j:plain

 

  買った後、袋をよく見て気が付いたことがありました。

「みやぎの環境保全米」書かれていたことです。

 

無洗米の特徴

袋の裏にはこのが書かれています。

f:id:freshverdure:20170120102143j:plain

タピオカでん粉を使って米ぬかを取る方法で無洗米を製造しているようです。

ポイントは

1.お米を研がないので、お米のうまみ・栄養分が水に流れださないこと。

2.お米を研がないので、研ぐための水を使わないこと。

3.とぎ汁がないので、水を汚すことがない。

4.取り除いたぬかは、飼料用として再利用されていること。

 

このお米を食べることによって、お米の栄養も取れ、環境にもやさしいなら言うことないですね。

 

お米の見た目

袋から出したお米はこんな感じです。無洗米といっても見た目は普通ですね。

f:id:freshverdure:20170120102131j:plain

 

 

おいしい炊き方

袋の裏に書かれていました。

f:id:freshverdure:20170120102139j:plain

 1.お米は計量カップで正しく計ること。

2.炊飯釜に米と水を入れてかるくかきまぜること。

3.水は目盛より少し多めにすること。

4.30分以上水に浸すこと。

5.炊き上がり後、10~15分ぐらいむらすこと。

6.むらしが終わったら、ご飯をよくほぐして余分な水分をとばすこと。

 

特別むずかしい内容ことは書いてありません。

 

研がないで炊飯釜にそのまま入れることができるのがとても便利だと思いました。

水に浸す時間を30分ぐらいとる必要がありますが、

私は試しに、浸す時間をとらないで炊飯してみました。

 

できあがり

こんな感じになりました。

f:id:freshverdure:20170120102147j:plain

「ひとめぼれ」の特徴はツヤと適度な粘り気、口当たりの良さだそうです。

確かにツヤと粘り気があるご飯になりました。

 

今回は水に浸す時間がないからと少し水の量が多くしたので、ご飯がすこし水っぽくなりました。やはり、30分ぐらい水に浸した後から、ご飯を炊いた方がよいようですね。

 

それでも、ご飯に甘みがあって食感もよかったです。

 

まとめ

1.無洗米は、米を研がないので手間がかからず便利です。

2.米を研がないので水を節約できます。

3.とぎ汁がでないので環境にやさしいです。

4.出来上がりのご飯がおいしかったです。

 

 

1番のポイントは

「みやぎの環境を保全することができる米」

というところですね。

それがこのお米の売りだと思います。

「無洗米」は、とっても いい ですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら、

ここを↓ぽちっとしてくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村