鉄道と旅行と日々のことがらの日記

鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。

仙台駅東口の「エスパル仙台東口駐輪場」に自転車をとめてみた

私は先日、自転車で仙台駅まで出かけました。

f:id:freshverdure:20170118151015j:plain

自転車を駐輪する場所はいくつか知っていますが、

いままで駐輪したことのない

エスパル仙台東口駐輪場」に今回駐輪してみることにしました。

注・写真では仙台駅は昼ですが、出かけたのは夕方だったので前後で時差があります。

 

 

エスパル仙台東口駐輪場の入り口付近

「BiVi仙台駅東口の建物」の裏にまわると駐輪場の入口があります。

f:id:freshverdure:20170118151028j:plain

この駐輪場は仙台駅のホームがすぐ隣に見える場所にあります。

 

地図

f:id:freshverdure:20170118151052j:plain

仙台駅東口にあるマクドナルドのわきからも入ることができます。

f:id:freshverdure:20170125132238j:plain

 

 

入口

さあやってきました。

まだ、出来たばかりの建物ですね。

まわりがちょっと暗いですが、ここだけは照明がしっかりと設備されていて、とても明るく安心できます。

f:id:freshverdure:20170118151116j:plain

自転車の駐輪場は2階と3階にあるので、階段で上がります。

f:id:freshverdure:20170118151138j:plain

階段の右側の細いミゾは自転車の車輪をのせるベルトコンベヤーになっています。

車輪をのせると自動で動きだしますので、自転車は軽々と上がっていきます。

とっても楽ですね。

 

 駐輪場ゲート入口

さて、ゲート入口に着きました。

車の駐車場を縮小?したみたいな感じです。

f:id:freshverdure:20170118151245j:plain

ここで駐車券を取るとゲートが開いて、中に入ることができます。

 

駐車券を取って中に入りました。

 

 

 

 

「あれっ?・・・」

 

f:id:freshverdure:20170118151301j:plain

自転車がほとんどありません。これはスゴイです。

 

3階にも行ってみました。

f:id:freshverdure:20170125133345j:plain

こちらは自転車が全然ありません!!

 

1階の原付・バイクの駐輪場にも一台もありません。

f:id:freshverdure:20170118151417j:plain

 

 

駐輪料金

自転車・原付・バイクともに2時間までは無料です。

f:id:freshverdure:20170118151402j:plain

2時間を超えると8時間まで

自転車は100円、原付・バイクは200円。

仙台駅周辺の路上駐輪場|仙台市と同じ料金体系になっています。

 

しかし、近くにある「仙台駅東口地下駐輪場」が

自転車が1日60円、原付・バイクが1日120円となっているのと比較すると

一般市民としては、ちょっと高くて、場所が遠いと感じるのかもしれません。

 

 ↓ 仙台市駅周辺のマップはこちらから

駐輪場マップ Parking for Bicycle & Motorcycle Map|仙台市

 

f:id:freshverdure:20170118160058j:plain

 

それにしても

これだけの設備をしたのに使われていないのは、なんだかさみしいですね。

料金体系を見直したらもっとよくなるのにね。

 

 

この駐輪場、1つだけお得なことがあります。

それは、定期利用では、こちらの駐輪場の方が安いことです。

市営駐輪場では3か月3400円のところ、エスパルでは3000円。

市営駐輪場では6か月6700円のところ、エスパルでは5700円。

これだけは地下駐輪場よりお得です。

 

エスパルのHPはこちら、

 ↓↓↓

 エスパル仙台東口駐輪場 | 宮城県仙台市青葉区 JR仙台駅 自転車 | 野里電気工業 パーキング事業部が管理・運営する駐車場・駐輪場

 

★さらに、エスパルⅡ駐輪場というのも、この近くにあるようですよ。

 ↓↓↓

エスパル仙台 Ⅱ駐輪場 | 宮城県仙台市青葉区 JR仙台駅 自転車 | 野里電気工業 パーキング事業部が管理・運営する駐車場・駐輪場

 

 

 

さらに調べてみた

仙台市では、自転車・バイクの路上放置をなくすため、商業地の多くの人が集まる民間の建物に駐輪場を設置することを条例で義務付けているそうです。

この条例によって作られた駐輪場が「附置義務駐輪場」というそうです。

(お役所的な名前の付け方ですね!)

 

仙台市のホームページによると、市営の地下駐輪場が一日平均130%の利用率(回転率)なのに対し、附置義務駐輪場は平均で60%程度しか利用されていないとのこと。せっかく作られた駐輪場がほとんど利用されていないと、仙台市のホームページでも同じように嘆いて(?)います。

こんな条例があったなんて初耳でした。

 

附置義務駐輪場の利用について|仙台市

 

 

 

 

さて話は戻りますが、

個人的な希望を言えば、

この駐輪場の仙台駅ホーム側には窓をつけてほしかったなあ。

建物のホーム側は壁になっていて、ホームの様子がよく見えないんですよ。

唯一、駐輪場の奥からは、こんな風景が見えるんです。

 

f:id:freshverdure:20170118160444j:plain

一番手前に停車しているのが、「山形行き」の仙山線の電車

奥のホームの様子が見えないのが残念!!

 

 

それから、私のブログでは同じ仙台駅周辺の駐輪場の記事をいくつか載せています。

よかったらこちらもどうぞ!

freshverdure.hateblo.jp

freshverdure.hateblo.jp

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら、

ここを↓ぽちっとしてくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村