読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄道と旅行と日々のことがらの日記

鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。

「ハドソン川の奇跡」の映画を見た

映画

ハドソン川の奇跡

 


 

 ちょっと前に、「ハドソン川の奇跡」という映画を見た。

クリント・イーストウッドが監督をし、トム・ハンクスが主演した映画だ。

 

映画は楽しい。映画のなかで自分の体験できないことが体験できるのがいい。

自分が知らない世界、自分の理解の外側にある世界をのぞき見ることができる。

 

 

ハドソン川の奇跡」という映画は、実際に起きた航空機の事故を取り扱っている。

一生かかっても私たちはたぶん絶対に体験できないだろう。

こんな事故に巻き込まれたら、普通なら間違いなく確実に死んでしまう。

楽しいなんて話ではなくなってしまう。

 

f:id:freshverdure:20170113000019j:plain

 (実際の事故当時の写真:ウィキペディアより)

 

 

2009年1月15日。

乗員乗客155名を乗せた航空機が離陸直後にニューヨーク上空で鳥の群れと衝突し

航空機の左右2つのエンジンが両方とも破壊されて航行不能となってしまった。

トム・ハンクス演じるサレンバーガー機長は空港に戻ることが不可能と判断し、ニューヨークの街に墜落しない唯一の方法として、マンハッタン島のわきを流れるハドソン川に不時着することを決断する。

事故発生からわずか208秒。

航空機はニューヨークの街を避けてハドソン川に着水し、さらにその後の迅速な救命活動のおかげで全員無事に生還した。

機長は英雄と称えられた。

ここまでは、私たちが覚えている出来事のすべてである。

 

しかし、

私たちが知らない報道されなかったその後の事実がある。

事故調査委員会のなかで、英雄と称された機長の判断は誤っていたと厳しく追及されていたのである。

データを調べるとエンジンは完全に死んでおらず、推力がわずかに残っていたから空港まで戻れたというのである。サレンバーガー機長の判断は「乗客を危険にさらした間違った判断だった」というのである。

英雄が一転して犯罪者扱いだ。

 

この映画の最大の見せ場は、事故調査委員会公聴会において、飛行機のボイスレコーダーに残された、事故直後から着水までのコックピット内での機長と副操縦士のやり取りを公聴会内の全員で聴くシーンだ。

映画ではその時のコックピット内の状況を再現する方法で私たち観衆に見せている。

 

見ている私たちは、すでに助かっていることを知っている。しかし、死が迫っているギリギリの状況を見て心臓がドキドキ、胸が苦しくなる思いをした。

 

まさしくこれこそ、自分が普通では絶対体験できない、自分の知らない世界だ。

自分の理解の外側にある世界だ。私はすごい体験をすることができたと思う。

 

普段は何事もなく安全に飛行機は飛ぶものだと思っている。それが当たり前のことだと何も考えずに乗っている。

しかし、この当たり前のことは実はとんでもなくすごいことなのかもしれない。

 

f:id:freshverdure:20170113000430j:plain

 

そしてもうひとつ。

人間がこのようなギリギリの状況に追い詰められたとき、果たして、最適な判断を下すことができるのだろうかということである。

 

「瞬発力」というものが試されるのではないだろうか。

もし、サレンバーガー機長が判断を誤ったら、乗員乗客のみならず、ニューヨークの街にも大きな被害をもたらしたかもしれない。

たった208秒の時間しかなかった。

 

これまでどのように生きて考えてきたが重要だと思う。

それは日々の訓練や経験、学び、気づきの積み重ねだと思う。

機長はベテランパイロットだった。かつてはアメリカ空軍のパイロットでもあった。

映画のなかでは、機長が空軍パイロット時代のエピソードが挿入されていた。

戦闘機にトラブルが発生し機体のコントロールが難しかった状況の中で、無事に基地に戻るシーンだったが、サレンバーガー機長はあきらめずに冷静な行動をとったところが印象的だった。

 

この映画は、実にきめの細やかな表現がされた映画だと思う。

そして、サレンバーガー機長の心の葛藤を演じているトム・ハンクスは最高だ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら、 ここを↓ぽちっとしてくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村  

 

 

wwws.warnerbros.co.jp