鉄道と旅行と日々のことがらの日記

鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。

JR東日本の新幹線車両基地の公開イベント (その2)

 前回の新幹線車両基地公開イベントの続きです。

f:id:freshverdure:20161025120118j:plain

 

前回、新幹線などの車両について書きました。

今回の内容はちょっとつまらないかもしれないと思っています。

それは当日、私がこの場所にいて、そのように感じたからです。

 

でも、

このつまらなさの先にあるものを

イベント翌日の体験から得られたので、文章という形に残したくなりました。

 

新幹線車両基地の本来の役割は

車両の保守・管理・点検・整備などです。

別の整備工場では、車両が1両ずつ分けられ、分解して整備されていました。

f:id:freshverdure:20161025123130j:plain

上はE2系の車両。外側の塗装にできたキズの下塗りでしょうか。

 

これは、パンタグラフ。車両の上で架線から電気を受ける部品です。

f:id:freshverdure:20161025124217j:plain

赤い部分が上下して、架線から電気を受けるのですね。

 

 

そして、新幹線の一番の心臓部。台車です。

f:id:freshverdure:20161025123412j:plain

わかりやすく 自動車でたとえると

エンジン・ギヤ・サスペンション・ブレーキ・タイヤの部分です。

 

こういった部品がバラバラに分解され整備されていました。

 

まず、これは主電動機。モーター。車いえばエンジンです。

f:id:freshverdure:20161025124915j:plain

  E5と表示があるので、E5系のモーター。

 

ちなみに、E5系新幹線というのはこれです

f:id:freshverdure:20161028164957j:plain

おっと、脱線しました。すみません。

話を戻します。

 

次にこれは車輪。車でいえばタイヤの部分。

f:id:freshverdure:20161025124851j:plain

 

これは、ブレーキの板(ディスクブレーキ)をはさんで止める部品。

f:id:freshverdure:20161025124802j:plain

 

たくさんの車輪がラックの中に置いてありました。

f:id:freshverdure:20161025130655j:plain

 

 基地に入ったばかりのたくさんの新品の車輪もありました。

f:id:freshverdure:20161025130807j:plain

 他にも

どのような働きをするのかよく分からない部品が、たくさん置いてありました。

 

 

実際に整備作業を見せてくれたところもあります。

 

長い距離を走った車輪は、摩耗して黒ずんでいます。

この機械を使って、安全で滑らかに左右バランスよく回転するように車輪を削ります。

f:id:freshverdure:20161025131210j:plain

車輪を回転させています。車輪から削れた金属のカスが出てきます。

f:id:freshverdure:20161025131218j:plain

車輪を削ると、元通りピカピカになりました。

f:id:freshverdure:20161025131229j:plain

 

これらの作業はとても地味なものです。

この基地の作業を行っている社員さんたちは

日々淡々と作業をしているのでしょうね。

 

新幹線車両をたくさん見たいと楽しみにしていた私としては

台車やモーターや車輪などの見学をするつもりでなかったので

少しあてがはずれました。

歩き疲れたせいもあるでしょう。

私は、疲労と少々の不満を持って車両基地を出ました。

 

 

ふつうはここで終わってしまうのですが

 

さて翌日、

東京へ行く用事があり、仙台・大宮間を新幹線を利用しました。

 

行きは「はやぶさ」、帰りは「はやて」でした。

行きは、仙台から一度も停車しないで1時間7分で大宮に到着しました。

帰りも、大宮から一度も停車しないで1時間15分で仙台に到着しました。

 

新幹線は早いのが当たり前、便利だなあと喜んでいたのですが

 

ふと前日の新幹線基地での出来事を思い出したのです。

 

あの地味な作業があるおかげなのです。

猛烈なスピードで新幹線が走行しているにもかかわらず

私たちが便利で安全で快適な旅ができるのは。

 

そこに気づかされました。

 

それから、

普段はプラットホームから隠れて全く見えない

「台車」。

縁の下の力持ち。

私たちには全く働きぶりを主張していません。

しかし、ものすごいことを何事もないかのように

淡々とこなしています。

とても、かっこいいと思いました。

 

今回は、新幹線車両基地のホントの姿について「光」を当ててみました。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったら、ぽちっとしてください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村